ニキビの種類とその症状

ニキビの種類とその症状

ニキビには種類もあり、さらに種類によって症状も異なります。そのニキビのことに関して把握していてもらいたいのですが、まず炎症を引き起こす前のニキビの種類を覚えていてください。

 

まず、第一段階として微小面ぽうです。毛穴が狭くなってきて皮脂や角質が詰まり始めた状態のことをいいます。これは肉眼ではわかりません。次の段階として白ニキビになりますが、これは毛穴の表面が皮脂で詰まって、そこにアクネ菌が増え始めた状態です。まだこの段階でもはっきりと確認はできません。次が毛穴の内部の皮脂が限界まで詰まって毛穴の表面が開きそこから皮脂が酸化して黒くなりますが、これを黒ニキビといいます。この段階でほとんどの場合は気付きます。

 

では、炎症を引き起こしてしまった後のニキビの種類に関してですが、まず赤ニキビです。聞いたことがあると思いますが、一般的なニキビの状態を言います。毛穴の中でアクネ菌が増殖を繰り返し、炎症が起こることで赤く腫れている状態になります。この、赤ニキビの炎症が悪化して膿が出てきた状態を黄ニキビといいます。

 

赤ニキビの中心に黄色いものが見えるようになると黄ニキビということになります。この段階ではアクネ菌からリパーゼという酵素が生み出されて毛穴内部組織を破壊しだします。それによって毛穴にも炎症が広がって真皮にも負担がかかる場合があります。こうなるとニキビ跡になる可能性が高いです。そして紫ニキビといって毛穴の深いところで膿と血液が混合して蓄積した状態になります。しこりになっていて、この紫ニキビになるとかなり高い確率でニキビ跡になります。種類があり症状も異なるということをしっかりと覚えておきましょう。